プロの研修講師を育成、支援する

プロの研修講師、インストラクターを育成する人財開発支援協会

 講師紹介

代表理事
雨宮 利春

あめみや としはる

1977年 青山学院大学経済学部卒 商社にて営業本部マネージャー等を歴任後、1989年 経営コンサルタント・研修インストラクターとして独立。 現在 コミュニケーション、対人折衝、クレーム対応、プレゼンテーション、リーダーシップ゚等の 技術指導で組織の人材開発を支援、各種企業団体等の教育研修事業・講演・ コンサルティング、 執筆等で活躍中。
2010年 一般社団法人 人財開発支援協会を設立、代表理事に就任。「研修講師育成講座」を開催するなど、後進の育成にも尽力している。
中小企業大学講師、一級販売士、産業カウンセラー
主要著書:「あいさつ上手になる本」、「パソコンプレゼンテーション入門」、「顧客を動かす『話す』 技術『聞く』技術」、「絶妙な『断り方』の技術」 、「絶妙な『クレーム対応』の技術」 、「だから、あなたの会社の『クレーム対応』は失敗する」他多数

顧問
岩井 俊憲

いわい としのり

(有)ヒューマンギルド 代表取締役

外資系企業の管理者等を経て、1985年、ヒューマン・ギルドを設立。中小企業診断士、上級教育カウンセラー。元青森公立大学・函館大学の非常勤講師。
ヒューマン・ギルドでカウンセリング、カウンセラー養成や公開講座を行うほか、企業・自治体・教育委員会・学校から招かれ、カウンセリング・マインド研修、勇気づけ研修、リーダーシップなどの研修や講演を行っている。 「勇気欠乏症」気味の今日、「勇気の伝道師」として「勇気づけ」を全国に普及し続けている。
著 書『アドラー心理学によるカウンセリング・マインドの育て方』(コスモス・ライブラリー)、 『勇気づけの心理学 増補・改訂版』(金子書房)、『勇気づけのリーダーシップ心理学』(学事出版)、『自分を勇気づける技術』(同文館出版)、『アドラー心理学によるリーダーの人間力の育て方』(アルテ)、『失意の時こそ勇気を』(コスモス・ライブラリー)、『人間関係が楽になる アドラーの教え』(大和書房)、『マンガでやさしくわかるアドラー心理学』『マンガでやさしくわかるアドラー心理学 2 実践編』 (共に日本能率協会マネジメントセンター)他多数。
研修・講演の際は、「私の話を聴きながら眠る人がいたら謝礼を辞退します」と豪語するが、眠られたことはない。

研修事業部
チーフインストラクター
北原 悦子

きたはら えつこ

インフィニティ・ヴォイス代表 産業カウンセラー、交流分析士。
受付・営業・イベント・お天気キャスターなど常に多くの「人」と「会話」で関わる仕事の経験を経て独立。
『聞いたことは忘れる 見たことは覚える やったことはわかる、受講者が主役の研修を!』を信念に参加型の研修を実施。実体験を踏まえた事例を取り入れ、簡単な言葉で分かりやすく伝えることをモットーとする。スキルアップをするためには知識を増やすことも必要だが、受講された方が気付きを得ることが成長の近道だと考える。
主にフィールド活動をされる方に必要なマナー、営業力、店頭知識からコミュニケーションなどトータル面での研修を行う。
愛情溢れる厳しい指導は、受講者から高く評価されている。

研修事業部
事務局
福田 隆二

ふくだ りゅうじ

1971年より出版・研修会社において 企業向け資料集の企画、編集並びにビジネスマン向けの研修・情報提供セミナーの企画・開催 業務に携わる。1976年〜2007年、独立してセミナー企画 開催業務並びに企業(大学)内研修の企画、コンサルティング、 講師派遣業務、出版編集等の会社を30年あまり経営。
現在、自動車産業研究フォーラムCS研究フォーラムを自ら主宰するとともに、 東京大学大学院経済研究科 経営教育研究センター特任研究員 として「ものづくり寄席」、東京大学ものづくり経営研究センター「ものづくりインストラクター養成スクール」などを開催。法政大学ビジネススクール企業家養成コース「ワークショップ事務局」コーディネーター、企業法務・コンプライアンスの研究会「ビジネス法務アカデミー」企画担当等も歴任。研修・知的イベントのコーディネーター、プロデューサーとして幅広く活躍中。2013年より一般社団法人ものづくり改善ネットワーク理事/事務局長。

著書「ものづくり成長戦略」(光文社新書=共著)

認定講師
近藤 一郎
こんどう いちろう

株式会社ジェイ・アプリケーション 代表取締役 

大手家電メーカーの半導体集積回路の設計エンジニアを経て、技術ジャーナリズムを志して経営・技術情報系の出版社に転職。IT系情報誌編集部門、法人営業部門において、企業研修向けのテキストやeラーニング教材を多数制作した。
経営コンサルタント/研修講師として独立。その後、世界中、特に日本で進行する高齢化に取り組むことの重要性に気づき、長寿の窓口株式会社の設立に参加した。同社は、高齢者に最適な住まいを紹介するとともに、高齢者が抱えるお悩みを解決するための人材育成、サービス提供を行っている。
現在、当協会で学んだ「研修講師の役割とは受講者の気づきを促すこと」を信条に、高齢者を取り巻く環境をわかりやすく紹介する「長寿を楽しむための高齢者住宅の種類と選び方」「新市場の主役となる高齢者の心理と多様性の理解」「加齢に伴う疾患の理解」などを主たるテーマに講演活動を行っている。

認定講師
鈴木 修子
すずき しゅうこ

キャリアリバー 代表

教育の分野において28年間にわたる経歴を持つ。
 1981年より12年間、福島県の公立学校養護教諭として小中学校に勤務。その後、ビジネス系の専門学校、医療秘書系学科の教員として11年間、授業や学生指導、就職指導などを担当し「ビジネス・コミュニケーションマナー」などの外部講演や研修を多数実施してきた。その間、教務部長の役職を務め、学校運営全般や部下育成にも携わる。
 さらに、専門学校から私立大学へ転職。就職課長、キャリア支援室長として学生のキャリア支援に力を注いできた。
 現在は、キャリアリバー研修講師として 「気づきを促し、やる気を引き出す。そして行動を変える!明日はあなたがキラリと輝き企業は成長する。」 をキャッチフレーズとし、「ビジネス・コミュニケションマナー」「医療接遇・ホスピタリティ」「就職活動内定獲得のメソッド」「女性が輝くためのキャリアデザイン」などをテーマに研修事業に従事している。また、新潟総合学院郡山情報ビジネス公務員専門学校、国際メディカルテクノロジー専門学校非常勤講師として、ビジネス教育に携わり、次世代を担う若者の「夢の実現」を支援している。

認定講師
坂田 二郎
さかた じろう

HRMジェイズ・オフィス代表/人事コンサルタント

約22年間にわたる、大手電子計測機・制御機器メーカーの人事部門での勤務経験を持つ。
採用、給与計算、人材活用、子会社の立ち上げ、労務管理、人事構造改革、教育など人事業務全般を経験した後、2011年に人事コンサルタントとして独立。「組織と人」をテーマにした研修を得意とする。
その対象分野は幅広く、階層別研修、人事評価者研修、目標管理研修など人事施策を活かすための研修から、コミュニケーション、業務スキルなど組織で働く人にスポットをあてた研修までカバーする。
新人から役員向けまで様々な教育経験から得た、「どうすればわかりやすいか」「どうすれば納得してもらえるか」というツボを押さえた研修を、お客様の実情に合わせて実施している。
■著書 「1点差で勝ち抜く就活術」(平凡社新書・共著)

認定講師
浜崎 長幸
はまさき ひさゆき

メリボラ・カンパニー 代表

大手電機メーカーの管理職を経て、2015年に人財育成コンサルティング会社『メリボラ・カンパニー』を設立。

メーカー在籍当初より自他のモチベーションの持ち方による向上心・能力向上の違いに興味を抱き、人の成長・組織の活性化に繋がる「環境」作りの探求を始める。管理職昇進後も「環境」作りをマネージャーの重要課題の一つと位置付け試行錯誤しながらも実践を続け、やがて確かな手応えを感じ「環境」作りの持つ重要性が確信へと変わる。自らの実践を通じて学んできた経験をもっと広い視野に活かし、人の成長から企業への貢献・活性化、そして社会への貢献に繋げたいとの信念を抱き、2015年、人財育成を主とした研修講師(活人コンサルタント)として独立し現在に至る。
これからの企業、社会を支える人”財”育成に力を注ぐ。

認定講師
梶岡 浩一
かじおか こういち

ビジネス思考力研究所 主宰

日本総合研究所にてIBM系大規模ITシステム開発に参画した後、アーンストアンドヤング・コンサルティング社にて、ITシステム開発方法論に関する教育開発やコンサルティングに携わる。90年代中ごろより、eラーニングなどの演出・プロデュースに従事。 2000年代初頭より、アイ・ティ・イノベーション社にて教育ビジネスを立上げ、12年間教育業務を運営。数多くの教育コースを開発・講師を務めた後に、2015年独立。ビジネス思考力研究所を設立。
「受講者の実務上の悩みを解決する問題克服セッション」など、知識提供だけにとどまらない、実務上の問題解決をテーマにした教育スタイルが特徴。
米国PMI会員・PMP /日本PMO協会認定PJM-A /ラーニング・ファシリテータ

認定講師
平原 守
ひらはら まもる

人財開発本舗 代表

 大学卒業後、大手書店チェーンに入社、店頭で主に雑誌やビジネス書の販売を担当。30歳で人事部に異動後は、教育、採用、目標管理制度等で成果を上げて管理職に昇格。再び店売部門に異動してからは店長を歴任した。

 店長一年目で当時最も課題の多かった店舗を1年半かけて立て直し、どん底から這い上がった経験が今に続く大きな財産となった。新規出店や複数店舗の兼務をこなし、のちに店長となる部下を数多く育成するなど、マネジメント能力の高さには定評がある。

 2014年に独立、現場での豊富な経験を活かしてマネジメント、コミュニケーション、店舗運営と戦略などの研修を手掛ける。日頃から「現場で働く人同士はいつもすれ違いで、ミーティングをする時間も場所もない。そんな人たちに『これは役に立つ!』と納得してもらえる研修を提供したい」と語る。最近は仕事のパフォーマンス向上をねらいとする、身体の使い方の研究にも取り組んでいる。

 ページトップへ

Copyright © 2010-2016 人財開発支援協会 All rights reserved.
by Human Resouces Development Supporting Association